仙台・松島エリア

最終更新日:2017/12/04

渡辺祥子 3.11からのことづて展『つながりの力、生きる力』   平成30年3月3日(土)・4日(日)

季節 3月
市町村 仙台・松島エリア-岩沼市
カテゴリ 祭り・イベント-企画展/レジャースポット-遊園地、テーマパーク
アクセス数 1481

昨年開催した石巻展の様子

昨年開催した石巻展の様子

昨年開催した石巻展の様子

展示とメッセージコンサートでお届けする、「つながりの力、生きる力」
「3.11からのことづて」展 ~つなげる、つながる~

 沢山の忘れたいことがある中の、忘れてはいけない大切なものを未来に引き継ぐために…。困難の中でも前を向いて立ち上がり歩み始めた人たちの言葉や、宮城県南被災地域での復興の歩み、長く受け継がれてきた文化を引き継ぐ活動などを展示。また展示会場では、生きる力につながる言葉の朗読やトークなども行います。


開催日/平成29年3月3日(土)午前10時~午後5時
        3月4日(日)午前10時~午後3時
会場/岩沼市民図書館2階/入場無料
  (岩沼市二木二丁目8番1号 TEL:0223-24-3131)
入場/無料
主催/3.11を語りつぐ会・岩沼市民図書館
協力/朗読の会「こだま」(岩沼市)


<展示内容>
展示:渡辺祥子『3.11からのことづて~災後を生きる人々の言葉』より、心に響く言葉
「閖上丸」(閖上大漁唄込み踊保存会)
   再建した八重垣神社(山元町)の記念絵馬と、かつての社殿の屋根にあった社紋
他、岩沼市や亘理町の復興への取り組みを紹介。


▶「3.11を語りつぐ会」について
 「3.11を語りつぐ会」は、代表の渡辺祥子のエッセー集『3.11からのことづて~災後を生きる人たちの言葉~』が全国発売された2014年に結成。東日本大震災が残した大切なメッセージを後世に伝えていくため、言葉の展示や朗読によるメッセージコンサートなどを開催しております。
 これまでに、仙台市藤崎百貨店、登米祝祭劇場、石巻アイトピアホール、名古屋市長久手文化の家などで開催。更に渡辺祥子単独の講演としては、宮城県内はもちろん、山形市、山口県宇部市、群馬県みどり市、南米ボリビアのサンファン日本人自治区など、幅広くお伝えする活動を展開しております。


▶「3.11を語りつぐ会」代表 渡辺祥子(わたなべ しょうこ)プロフィール
宮城県登米市出身のアナウンサー・朗読家。フリーアナウンサーとして独立後、仙台を拠点にラジオパーソナリティーやCMナレーター、司会、アナウンサーの養成などを務めた後、朗読家としての活動も開始。
3.11で被災後、現在は被災地と支援者を結ぶ活動などを行っている。
(主な経歴)仙台市社会教育委員、障碍者就労支援NPO「ほっぷの森」理事、
仙台文学館友の会会長、3.11を語りつぐ会代表 ほか

イベント開催日 2018年03月03日 ~ 2018年03月04日
場所 岩沼市二木二丁目8番1号
お問い合わせ(1) 3.11を語りつぐ会
TEL:090-2889-3690
  • 情報提供者:宮城県観光連盟
  • 住所:宮城県仙台市青葉区本町三丁目8-1
  • TEL:022-211-2822
  • メール:info@miyagi-kankou.or.jp
 

PAGE TOP