慢の味 - 伝統料理・郷土料理

おらほの自慢の味コレクション
トップページ
カテゴリー1
魚介料理
カテゴリー2
肉料理
カテゴリー3
麺料理
カテゴリー4
伝統料理・郷土料理
カテゴリー5
ご当地グルメ

伝統料理・郷土料理


仙台雑煮

仙台雑煮

サケの卵をはらこ(ハラコ)と呼び、しょうゆ味で煮たてたはらことサケの切り身をごはんにトサッと盛ったものがはらこめし。

仙台箪笥膳

伊達政宗公以来の仙台藩の歴史を持つ仙台には、伝統的工芸品である仙台箪笥のお膳に盛り付ける料理は見逃せない。
仙台箪笥膳

仙台雑煮

仙台雑煮

今では、北上川(追波川)河口の長面浦など、限られた場所でしかつくられなくなってしまった焼きハゼ。炭火でじっくりと焼き、煙で燻すという作業が、晩秋から冬の風物詩になる。その貴重な焼きハゼで出汁をとり、セリやゴボウやかまぼこを具にする仙台雑煮は、貴重な存在だ。

大漁祝膳

唐桑半島は、唐桑御殿と呼ばれる豪壮な民家が見られる独特の地域だ。昔、船主の家で大漁を祝って振る舞われたという大漁祝い膳が、今、民宿で味わえる。夏には殻つきウニ、秋から冬にはアワビの刺身など、その季節ならではの海の幸がドーンと舟盛りで出される。舟の器も楽しめる。
大漁祝膳

はっと汁

はっと汁

小麦粉を水でよく練り、指で薄く延ばしてちぎり、汁で煮込んだり、餅のようにずんだやあずきをからめて食べるもの。登米地方を中心に県北に伝わる伝統料理で、迫川、北上川流域の美味しい水が、味を引立てるのだろう。登米市ではクーポン券付きのパンフレットをつくるなど、「はっと街道」キャンペーンが展開されている。
 

PAGE TOP