慢の味 - 麺料理

おらほの自慢の味コレクション
トップページ
カテゴリー1
魚介料理
カテゴリー2
肉料理
カテゴリー3
麺料理
カテゴリー4
伝統料理・郷土料理
カテゴリー5
ご当地グルメ

麺・餅料理


冷やし中華

冬の人気者のラーメンを、夏でも食べられるようにできないか。そんな考えから誕生したのが、仙台冷やし中華。1937年のことだった。今では、つけ麺タイプのもの、具だくさんのものなどスタイルも、味もさまざまに変化し、通年で食べられる店も増えている。
冷やし中華

白石うーめん

白石うーめん

病気で寝たきりになった父親に、胃に負担のかからないものを食べさせたい。そんな孝行息子が、ある日、旅の僧から教わったのが、油を使わずに塩と水だけで練ってつくる麺。それを聞いた白石城主・片倉小十郎が息子の温かい思いやりを愛でてつけた名前が、「温麺(うーめん)」だと伝えられる。以来、400年、ヘルシーな麺として愛されている。

気仙沼らぁめん・気仙沼フカヒレラーメン

魚介系ラーメンは「ちょっと生臭い」と敬遠する人もいるかも。でも、サンマを使っているのに生臭くないのが、「気仙沼らぁめん」のブランド名が許されたサンマ香油ラーメン。サンマを丹念に天日干ししてオリジナルのサンマ節とサンマ煮干しをつくり、それで出汁をとり、その香油を使ったスープは絶品だ!!フカヒレをドーンと載せるフカヒレラーメンも名物だ。
気仙沼らぁめん・気仙沼フカヒレラーメン

そば・そばだんご

そば・そばだんご

遠刈田から船形、栗駒まで、宮城の山ぞいの町では美味しい手打ちそばが名物になっている。同時に、見逃せないのが、だんごに似た、そばだんご。栗駒山麓の花山や栗駒地方の名物料理になっている。

オリジナルラーメン

各地で米粉を使った米ラーメンなども生まれている一方で、しじみやデリシャストマトなどの地場の特産食材でスープをつくったり、具材に生かすラーメンも多彩になっている。
オリジナルラーメン

有機栽培で健康にやさしく、美味しくて、地域独特の米やもち米をつくろう。そんな心意気で生まれた米やもち米が、おにぎりや餅御膳などになって、多彩に味わえる。お米のふるさと宮城の“原点”を召し上がれ!!
 

PAGE TOP