慢の味 - 肉料理

おらほの自慢の味コレクション
トップページ
カテゴリー1
魚介料理
カテゴリー2
肉料理
カテゴリー3
麺料理
カテゴリー4
伝統料理・郷土料理
カテゴリー5
ご当地グルメ

肉料理

 


仙台牛たん焼き

戦後まもなく、仙台市一番町の焼鳥屋で始まったという牛たん焼き。塩味、たれ味、味噌味、各店秘蔵の味付けの牛たんを炭火で焼いて、麦飯、テールスープ、漬物の定番セットで食べる。強めの炭火で焼くため、旨味や肉汁が閉じこめられたアツアツの牛たんを味わうことができる。テールスープにはコラーゲンもたっぷりだ。
仙台牛たん焼き

仙台牛

仙台牛

県内各地で本吉牛、栗駒牛、角田牛などの地域名をつけた、おいしい牛肉が生産されている。その中で、黒毛和牛、枝肉規格A5・B5以上の霜降り牛肉を「仙台牛」と呼ぶ。いい牧草、いい空気の土地を選んで育った肉は、とろけるような旨さと、やらわかな歯応えが特徴で、握り寿司などにもピッタリだ。

ブランドポーク

宮城県畜産試験場が開発したブランド豚肉、「ミヤギノポーク」と「しもふりレッド」。やわらかくて、脂肪分が少ないことから、とんかつや焼肉に多く使われるのがミヤギノポーク。
一方、しもふりレッドは脂肪分が5%以上で、3%程度だったこれまでのものとはくらべものにならないほど霜降りが多く、それでいて悪玉コレステロール値が低いために、ステーキやしゃぶしゃぶに合っている。いろいろと食べ比べてみよう。
ブランドポーク
 

PAGE TOP