大崎地方

県北エリア

最終更新日:2016/07/05

ラムサール条約登録湿地 化女沼・蕪栗沼

季節 1月/2月/3月/4月/5月/6月/7月/8月/9月/10月/11月/12月
市町村 県北エリア-大崎市
カテゴリ 自然体感-川、湖、沼 動物、植物(花)/レジャースポット-スポーツ施設・公園/味・技-郷土・名物料理/温泉・宿泊-温泉/体験観光-自然・スポーツ
アクセス数 5352

 ラムサール条約とは「水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」のこと。。宮城県では、栗原市・登米市の伊豆沼・内沼、大崎市の化女沼(古川)、蕪栗沼・周辺水田(田尻)が登録地となっている。3カ所に渡ってくるマガンの数は日本一、二といわれる。

--------------------------
■化女沼と観察会

 化女沼では「ワイズユース(賢明な利用)」を掲げた取り組みが行われ、11月下旬~1月下旬にはNPO法人エコパル化女沼による渡り鳥のねぐら入り観察会も開かれる。化女沼には、古代の住居を再現した古代の里もある。★散策自由。P200台。

◆交通/JR古川駅から車で20分/古川ICから車で20分
◆問い合わせ/0229-28-1353(化女沼観光資料館)

---------------------------
■蕪栗沼と観察会
 蕪栗沼は、約1500種もの動植物が生息し、1年を通じてさまざまな自然の変化に出会うことができる。また付近には公園の中の宿ロマン館や加護坊四季彩館などを拠点に、夏はキャンプや草すべり、冬は渡り鳥の観察会などが体験できる。

◆交通/JR田尻駅から車で20分/古川ICから車で45分(蕪栗沼)/JR田尻駅から車で5分/古川ICから車で30分(公園の中の宿ロマン館)
◆問い合わせ/0229-39-2424(公園の中の宿ロマン館内田尻グリーンツーリズム委員会)

カテゴリー 2自然・体感
市町村名 大崎市
No, 104
  • 情報提供者:宮城県観光連盟
  • 住所:宮城県仙台市青葉区本町三丁目8-1
  • TEL:022-211-2822
  • メール:info@miyagi-kankou.or.jp
 

PAGE TOP