温泉郷めぐり

県北エリア

最終更新日:2017/04/01

鳴子温泉郷 中山平温泉

季節 1月/2月/3月/4月/5月/6月/7月/8月/9月/10月/11月/12月
市町村 県北エリア-大崎市
目的 温泉・宿泊-温泉 ホテル、旅館
アクセス数 440

内容 大谷川のせせらぎに沿って湯が吹き出す。鳴子温泉郷のなかでも最も湯量が多い「中山平温泉」。
温泉街には300年もの歴史を誇る、白州の湯・星の湯・蛇の湯などの古い湯があり、泉質・効能の違うお湯が11軒の宿と共同浴場で楽しめる。特に、アルカリ度が高くとろりとした肌ざわりの硫黄泉は「うなぎの湯」と呼ばれ、美肌の湯として人気です。

◆泉質/単純温泉、重炭酸土類、重曹泉、食塩泉、芒硝泉、石膏泉、明ばん泉、緑ばん泉、硫黄泉、硫化水素泉、酸性泉
◆効能/神経痛、リュウマチ、慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、高血圧症、動脈硬化症ほか
※地図の位置は「しんとろの湯」です。
交通 JR陸羽東線・中山平温泉駅車で3分。東北自動車道・古川ICより車で50分。
お問い合わせ(1) 鳴子観光・旅館案内センター
TEL:0229-83-3441
  • 情報提供者:宮城県観光連盟
  • 住所:宮城県仙台市青葉区本町三丁目8-1
  • TEL:022-211-2822
  • メール:info@miyagi-kankou.or.jp
Twitter
Facebook
Google+
 

PAGE TOP