仙台・松島エリア

最終更新日:2019/11/01

仙台初売り '20.1.2(木)~

季節 1月
市町村 仙台・松島エリア-仙台市
目的 祭り・イベント-伝統
アクセス数 108341

「仙台初売り」は仙台藩の時代から三百年以上続く伝統的な正月行事。仙台市内の商店街の一年は初売りでスタートします。
各商店は心意気を見せようと、お買い得な商品を「福袋」として販売するため、徹夜組をはじめ、朝早くから開店を待つお客さんが店頭に並びます。このため開店は通常よりも早い時間となるうえ、なかには甘酒やおしるこなどふるまう商店などもあり、正月からお祭り気分で盛り上がります。
「仙台初売り」で人気なのは、大きな「茶箱」の福袋。茶箱は湿気を寄せ付けず、衣類や乾物の収納・保管箱として昔から庶民に愛用されてきました。現在でも、市内にある茶舗では茶箱の福袋を出しています。
中身の見えない福袋は、「一年の運だめし」の意味もあり、福袋を求める人も多い初売りは県内各地で開催されます。

◆開催日/2020年1月2日(木)~
◆場所/仙台市内全域

イベント開催日 2020年01月02日
お問い合わせ(1) 「仙台初売り」をよりよくする検討会(事務局:仙台商工会議所)
TEL:022-265-8184
  • 情報提供者:宮城県観光連盟
  • 住所:宮城県仙台市青葉区本町三丁目8-1
  • TEL:022-211-2822
  • メール:info@miyagi-kankou.or.jp
Twitter
Facebook
Google+
 

PAGE TOP