仙台・松島エリア

最終更新日:2017/08/04

伊達政宗生誕450年記念 福島家がのこした伊達な文化 平成29年9月15日(金)~11月23日(木・祝)

季節 9月/10月/11月
市町村 仙台・松島エリア-仙台市
目的 祭り・イベント-企画展/歴史・文化-博物・資料・美術館
アクセス数 2467

伊達政宗「書状 牟宇姫宛」

黒楽月萩図茶碗

戦国の世を駆け抜け、江戸時代に仙台藩を築いた藩祖・伊達政宗(1567~1636)が生まれて今年450年となります。また、政宗が育んだ「伊達な文化」は、平成28(2016)年4月に文化庁の日本遺産に認定されました。
多くの仙台藩伊達家旧蔵品を収蔵していた福島家は、明治から昭和初期にかけて仙台の政財界で活躍し、文化を支援した素封家です。特に7代・禎蔵(1890~1979)は、戦後の混乱期に伊達家を助けた一人でもあります。結果、仙台藩歴代の藩主の書や絵画をはじめ、伊達家が大切に継承した美術文化が福島家にもたらされました。
政宗は書に優れ、和歌を好み、茶の湯を藩内に取り入れた人物です。これらは、以降の歴代の藩主や家臣にも大切に継承され、掛け軸として今日に至っています。
この度、福島美術館では福島家がのこした仙台藩伊達家の「伊達な文化」をご紹介する展覧会を開催いたします。家臣を茶の湯の稽古に誘う、政宗22歳の手紙や歴代の藩主自身が筆をとった和歌や絵画などを通じて、「伊達な文化」を継承してきた人々に光をあてていきます。

日程/9月15日(金)~11月23日(木・祝)
  前期)9月15日(金)~10月17日(火)
  後期)10月19日(木)~11月23日(木・祝)

開館時間/9:00~16:30
休館日/毎週月曜日(但し9/18、10/9は開館)、第一日曜日、祝日の翌日、10/18

<関連イベント>
■ギャラリートーク 要入館券
9月15日(金)・11月11日(土)14:00~15:00 
■ギャラリートークはスイーツの日 要入館券 事前申込制 お茶代300円 
9月30日(土)14:00~15:30 ギャラリートーク&ティータイム
■ワークショップ「紋きり遊び~家紋であそぶ」 随時受付 参加費400円
10月22日(日)10:00~14:00 和紙を型に合わせて切る、昔ながらの遊びです。
■古武道・柳生心眼流甲冑兵法演舞 参加無料
10月28日(土)14:00~15:00 
 戦国時代から伝わる古武道の演舞。現代の護身術にもなる古武道体験もあります。
■古い本<活版印刷にふれてみよう!~伊達家関連の図書」 参加無料
10月28日(土)1階情報コーナー 10:00~16:00 

<主な出品作品>
(1)政宗の父 伊達輝宗「書状 天正6年頃」
(2)初代 伊達政宗「鮎貝日傾斎宛書状〈茶の湯の稽古のこと〉」
<若き政宗、茶の湯を学ぶ!>
(3)初代 伊達政宗「牟宇姫宛書状」<かわいい娘への手紙。鮎60尾を送ったよ!>
(4)初代 伊達政宗「茶席の献立」 <茶席の参考とした覚書?>
(5)2代 伊達忠宗「福禄寿画賛」<武芸が得意だった2代藩主の貴重な絵画作品>
(6)2代長子 伊達光宗「達磨画賛」
(7)3代 伊達綱宗「弁財天・牡丹図」
(8)4代 伊達綱村「巌上鉢図」
(9)5代 伊達吉村「鵜飼図」
(10)7代 伊達重村「和歌手鑑」
(11)10代 伊達斉宗「詠歌 小倉山」
(12)13代 伊達慶邦・八代姫「詠歌」
(13)伏見天皇「宸翰 東宮の」
(14)織田信長の弟 織田有楽斎「茶柄杓自画賛」<初公開!利休七哲の一人>
(15)「伊達政宗殉死者衆扇面和歌書」
(16)古田織部「長谷左兵衛宛書状」<千利休の茶の湯を大名家に伝授>
(17)「貞山公御歌近衛基煕公添削」<敬意を表して御歌を添削!>
(18)狩野古信画・伊達吉村賛「安倍貞任宗任図」<絵の師匠とのコラボ!>
(19)佐久間栄学「白鷹図」
(20)色紙「泰然自若」
(21)堤焼「鉄釉天目茶碗」
(22)黒楽月萩図茶碗
など、伊達家歴代藩主の作品はじめ、仙台藩ゆかりの和歌、絵画、書、工芸品を約60点
ご紹介します。

イベント開催日 2017年09月15日 ~ 2017年11月23日
場所 宮城県仙台市若林区土樋288-2
関連URL(1) 社会福祉法人共生福祉会 福島美術館
お問い合わせ(1) 社会福祉法人共生福祉会 福島美術館
TEL:022-266-1535
  • 情報提供者:宮城県観光連盟
  • 住所:宮城県仙台市青葉区本町三丁目8-1
  • TEL:022-211-2822
  • メール:info@miyagi-kankou.or.jp
Twitter
Facebook
Google+
 

PAGE TOP