• 文字サイズ
  • 拡大
  • 標準

宮城まるごと探訪

宮城の魅力がギッシリ!宮城の総合観光情報サイト

みればわかる「横山華山」 上下巻あわせて約30メートル!《祇園祭礼図巻》を一挙公開

最終更新日:2019/03/31

季節
4月/5月/6月
市町村
仙台・松島エリア-仙台市 塩竈市 名取市 多賀城市 岩沼市 富谷市 亘理町 山元町 松島町 七ヶ浜町 利府町 大和町 大郷町 大衡村 東松島市
目的
祭り・イベント/歴史・文化

横山華山《桃錦雉・蕣花猫図》泉涌寺蔵

 横山華山(1781/4~1837)は,江戸時代後期の京都で活躍した絵師です。伝統や形式を重んじる諸画派に属さず,画壇の潮流に左右されない自由な画風と筆使いで人気を博していました。なかでも風俗画や祭礼図は華山の真骨頂で,その細やかな描写には現代の私たちも目が奪われます。彼の名声は当時日本中に広がっており,著名な画家を記した番付や夏目漱石の作品に名前が登場するなど,明治から大正の頃までは世間に知られた存在でした。海外でも早くから評価され,欧米の美術館に優品が多数所蔵されましたが,いつしかその名は知る人ぞ知るものとなっています。
 祇園祭の様子を臨場感豊かに描く《祇園祭礼図巻》や東北の地が描かれた《紅花屏風》(山形美術館・(山)長谷川コレクション展示期間:4月27日~5月6日)といった代表作のほか,ボストン美術館や大英博物館など海外に渡った作品も里帰りする本展は,華山の初期から晩年までを通して,その多彩で幅広い画業を系統立ててご覧いただく初めての回顧展です。
 伊藤若冲・曾我蕭白らによる江戸時代の絵画が注目を浴びる今,弟子たちのものも含めた約120点の作品によってその魅力をご紹介いたします。

■名  称:横山華山 KAZAN - A Superb Imagination at Work
■会  期:2019年4月20日(土)~6月23日(日)
※会期中,展示替えがあります(前期:~5/19,後期5/21~)
■会  場:宮城県美術館
■開館時間:午前9時30分-午後5時(発券は午後4時30分まで)
■休 館 日:月曜日(4月29日,5月6日は開館),5月7日(火)
■観 覧 料:一般1,300(1,100)円/学生1,100(900)円/小中高生650(500)円
       ( )内は前売及び20名以上の団体料金
■主  催:宮城県美術館,河北新報社,仙台放送,日本経済新聞社
■協  力:日本航空
■協  賛:野崎印刷紙業
■後  援:仙台市教育委員会,NHK仙台放送局,TBC東北放送,ミヤギテレビ,
KHB東日本放送,エフエム仙台,さくらんぼテレビ

【前売券】宮城県美術館,藤崎,仙台三越,チケットぴあ(Pコード:769-517),
ローソンチケット(Lコード:21981),セブンチケット,イープラス,
日専連カスタマーセンター(アエルビル9F),ニッセンレン・テラス セルバ店,
河北新報販売店,宮城県庁1階売店にて販売(2/16~4/19)
【リピーター割引】本展観覧済みのチケットを当館受付でご提示いただくと,特別展「横山華山」を,当日料金の100円引きの金額で観覧できます。他の割引との併用はできません。

イベント開催日
2019/04/20 ~ 2019/06/23
場所
仙台市青葉区川内元支倉34-1
関連URL(1)
宮城県美術館ホームページ
  • 公式情報提供者
  • 情報提供者:宮城県美術館
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube

PAGE TOP

運営者 公益社団法人 宮城県観光連盟