• 文字サイズ
  • 拡大
  • 標準

宮城まるごと探訪

宮城の魅力がギッシリ!宮城の総合観光情報サイト

三角あぶら揚げ

最終更新日:2022/04/20

季節
1月/2月/3月/4月/5月/6月/7月/8月/9月/10月/11月/12月
市町村
仙台・松島エリア-仙台市
目的
食・土産-郷土・名物料理
名称
三角あぶら揚げ
ヨミ
サンカクアブラアゲ
概要
”大豆王国”宮城ならではの愛されメニュー

内容
大豆の生産が盛んな宮城県では、各地でおいしいご当地豆腐が味わえます。そんな豆腐を使ったグルメの中で特に人気なのが、カリッとした表面と、中のふっくら食感がたまらない「三角あぶら揚げ」。揚げたてのあぶらあげに七味と醤油をかけていただくと、香ばしい風味と昔ながらの素朴な味が口いっぱいに広がります。大きく肉厚つで、かなりボリュームのある見た目ですが、実際に食べてみると油のしつこさが一切なく、軽い口当たり。女性や子どもでも一人一枚をあっという間に完食してしまうほどクセになるグルメです。
三角定義あぶらあげが生まれたのは、明治23年のこと。平家ゆかりの阿弥陀如来を祭る「定義如来 西方寺」(宮城県仙台市)の門前町に誕生しました。原材料は大豆100%にこだわり、昔ながらの製法で一枚いち枚丁寧に手作り。130年以上たった今も、地元民から観光客まで多くの人に愛されています。
写真協力:定義とうふ店 TEL.022-393-2035
お問い合わせ(1)
有限会社 定義観光定義とうふ店
TEL:022-393-2035
関連URL(1)
#みやぎ感動グルメ
関連URL(2)
定義とうふ店
  • 公式情報提供者
  • 情報提供者:宮城県観光連盟
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube

PAGE TOP

運営者 公益社団法人 宮城県観光連盟