• 文字サイズ
  • 拡大
  • 標準

宮城まるごと探訪

宮城の魅力がギッシリ!宮城の総合観光情報サイト

宮城のフルーツパラダイス JRフルーツパーク仙台あらはま 仙台でくだもの狩り! 旬のもぎたてフルーツをいただきます(秋編)

最終更新日:2023/09/12

季節
9月/10月/11月
市町村
仙台・松島エリア-仙台市
目的
体験観光-食/食・土産-地場産品

 

 

暑かった夏が終わり、秋が深まってまいりましたね。秋といえば味覚の秋。美味しい果物が食べたいなぁと思い、行ってまいりました、くだもの狩り。その場所は、蔵王?山元町?ではなく、仙台です。しかもその農園は海沿いのエリアに位置しています。農園といえば海より山のイメージが強いですよね。こちらの「JRフルーツパーク仙台あらはま」は、宮城県では珍しい沿岸部にある農園です。広さ約8.5ヘクタールもの土地に果物、野菜を栽培しています。その数8品目150種類以上!冬から春にはいちご、夏にはブルーベリー、秋はぶどう、なし、いちじく、りんご、キウイと一年中旬のフルーツの摘み取り体験が楽しめる大型観光農園です。その広さたるや、端から端まで約800mあり、徒歩でも15分ほどかかるくらい。広すぎて、たまげます(笑)

 

 

 

農園内を、施設を運営している仙台ターミナルビル株式会社の北口さんに案内していただきました。

まずは、梨エリアから。

 

【梨エリア】

 

 

広大な敷地ですが、看板の他に、のぼりも出ているので迷いません。

 

 

梨の種類も多数ですが、2週替わりで取れる種類が違ってきます。

本日は「あきあかり」でした。

梨の収穫方法も掲示しているので確認してから入りましょう。

 

 

わぉ!たくさん実ってますね~。

梨狩りは1セット(4~6個)税込1850円で摘み取りできます。

 

 

美味しい梨を見つけるコツは、品種にもよりますが、あきあかりの場合は褐色がかった色味のものと、おしりにグリーンの輪が出ているものを探すといいみたいです。

 

 

美しく整列していますね。これはジョイント仕立てとY字の樹形による栽培管理の農業技術を用いているとのことで、台風などの風の被害もなく安定して栽培できるそう。甘さも均等になるようです。木も背丈が低くなり、果物ももぎ取りやすいですね。

続いて、ぶどうエリアへ向かいます。こちらでくだもの狩りを体験しました。

 

【ぶどうエリア】

 

 

 

 

 

本日の摘み取り品種はブラックビート。2房摘み取りで1500円(税込)です。

 

 

こちらもたくさん実ってます!

 

 

大粒のブラックビートは藤稔とピオーネの掛け合わせのぶどう。

肉質は適度に締まって果汁が多く、酸味が巨峰などより少ないのでとても食べやすい品種です。

 

 

大きくて、黒々とした色の濃いものを選びます。う~ん、どれにしようか、迷います。

目を凝らして見てみたり、持ち上げてみたり。

 

 

キミに決めた!

 

 

ずっしり重い。

 

 

重さを量ってみたら1Kg以上ありました。

 

 

シャインマスカットの赤ちゃん

 

 

ぶどう狩りのシーズンは10月も続きます。またまた未熟なぶどうたちもたくさん。

 

続いて、ぶどうエリアの隣にある、イチジクエリアへ。

 

【いちじくエリア】

 

 

 

看板を見てびっくり。めっちゃ種類が多いですけど!

産地は、イタリア、フランス、スペイン、アメリカ、ニュージーランドと様々。

 

 

 

イチジクって、こうやって生っているのですね。

イチジク狩りは1パック詰め放題で税込800円です。

たくさん種類があるので1種類ずつ摘み取って食べ比べても楽しいですね。

イチジク摘み取りのポイントは耳たぶくらいの柔らかさのもの。果実が割れているものが食べごろです。

 

     

 

 

 

 

 

仙台ではほとんど手に入らないイチジクや、お店では買えないレアなイチジクもありますよ。

宮城県で流通している甘露煮用のイチジクはブルンスウィックという品種です。

 

 

私も1つ収穫させていただきました。品種はバナーネ。

 

 

割ってみると、鮮やかな赤色です!

こちらにあるイチジクは、すべて生で食べられます。

特別にその場で頂いてみると、優しい甘さとぷちぷち触感が楽しい!イチジクは甘露煮でしか食べたことがなかったのですが、生でも美味しかったです。

 

イチジクエリアの後は、これからシーズンを迎えるリンゴ狩りのエリアへ生育の状況を見に行きました。

 

【りんごエリア】

 

 

 

 

徐々に赤くなってきていますね。これからますます色付いてくれることでしょう。

リンゴ狩りは1セット(4~6個)税込1850円です。

開催時期は9月16日~12月上旬予定です。

 

 

【レストラン】11:00~15:00/カフェ10:00~15:00

お昼ごはんは総合施設棟内にある「Les Pommes(レ・ポム)」でいただきました。

レストラン内に入るとスパイスの香りがしました。インドで嗅いだことのある匂いと同じで驚きました。

 

 

清潔感溢れる店内。

 

 

お子様用のイスもありますよ。

 

 

ビュッフェスタイルで楽しめるおばんざいカレーは3種類。

森林どりスパイスカレー¥1300/黒毛和牛と牛タンキーマカレー¥1400

カキのスパイスカレー¥1500円(数量限定)

〈本日のおばんざい内容〉

オニオンスライス・トマトサラダ・キャロットラぺ・マカロニサラダ・本日のお浸し・キャベツマリネ・季節の浅漬け・かぼちゃ含め煮・本日のロースト野菜・Mixナッツ

 

  

 

 

私は黒毛和牛と牛タンキーマカレーをチョイス。おばんざいは1度のみ取り分けOK。

色とりどりのお野菜たちを目の前にして欲が出て、盛り付け例の1.5倍増しでいただきました。

30種類を超えるスパイスを独自配合して作られているカレーはクセになりそうな衝撃的なカレーです。

複雑なスパイスが口の中で混ざり合って奥深い味わいになっています。心地のいい辛さにスプーンが止まりません。お米は白米に「金のいぶき」を混ぜ込んで炊いたもの。その上にはゆかりとカスリメティというドライハーブとフライドオニオンが乗っており、カレーの美味しさを引き立てています。

おばんざいのお野菜も瑞々しくて美味しい。もりもり食べられます。

お野菜は10km圏内の地元の近隣農家さんから仕入れているそう。同施設内にある直売所の「あらはまマルシェ」でも売られています。開店と同時にシェフがマルシェで売られている野菜を購入している姿がありましたので、聞いてみると朝取れの新鮮なお野菜を購入して、その日のうちにおばんざいで出しているとのことでした。カレーはホテルメトロポリタン仙台のシェフがプロデュース。お野菜は地元の農家さんのお野菜。納得の美味しさです。

 

 

 

レストランには、旬の果物を使った季節限定のスイーツもありました。今しか食べられない果物を思う存分堪能できそうですね!

 

 

購入方法は券売機でメニューを選びます。注文に応じた金額のお金を入れます。

支払い方法は現金かSuicaのみ。

 

 

 

発券された食券はそのままお持ちいただき、モニター上に自分の番号が表示されたら受け取りに行きます。

 

【レストランメニュー】

 

 

《金曜日はカレーの日》 おばんざいカレーをご注文のお客様はソフトドリンク無料♪

 

 

 

 

タバスコを超えた辛さを求めている人は挑戦してみては??

 

【あらはまマルシェ】営業時間10:00~16:00

 

 

 

 

フルーツパークで収穫した果物の他、地元近隣農家さんのお野菜が並びます。新鮮なお米やたまご、加工品も販売しています。

 

【くだもの狩り受付方法】

 

 

あらはまマルシェのレジ横にある券売機で果物狩りの果物、収穫野菜を選びます。近くに「本日の果物狩りご案内」のパネルがありますのでご確認くださいね。券売機の上にも情報がありますよ。

 

 

お支払いは現金、Suicaのみとなります。JREポイントも貯まります。

 

 

発券した紙を店員さんにお見せし、袋をいただきます。こちらにはぶどう狩りのハサミも入っています。

店員さんがくだもの狩りの説明をしてくれます。

 

 

総合施設棟入口前にあるロッカーに荷物を預けたら、くだもの狩りへLet’s go!

 

【くだもの狩り情報】

 

〖梨狩り〗~10月中旬まで

     受付時間10:00~15:00 

     摘み取り料金(税込)1セット1850円(4~6個)※品種によって摘み取り個数が異なります。

     体験予定時間30分

     摘み取り品種予定

     9月1日~あきあかり、ほしあかり、なるみ

     9月25日~あかづき、南水

     10月5日~甘太、大天梨

 

〖ぶどう狩り〗~10月中旬まで

     受付時間10:00~15:00

     摘み取り料金(税込)

     ~9月14日ブラックビート(2房)1500円

     9月15日~クイーンニーナ(1房)2000円

           ピオーネ(1房)2000円

     9月29日~シャインマスカット(1房)2500円

           オリエンタルスター(1房)2500円

 

〖イチジク狩り〗~10月上旬

     受付時間10:00~15:00

     摘み取り料金(税込)1パック詰め放題 800円

     摘み取り品種/バナーネ、セレスト、カドタ、コハクなど

     ※黒イチジクは摘み取り不可です。

 

〖りんご狩り〗9月16日~12月上旬

     受付時間10:00~15:00

     摘み取り料金(税込)1セット1850円(4~6個)※品種によって摘み取り個数が異なります。

     摘み取り品種予定

     9月16日~10月上旬 華宝など

      10月上旬~10月中旬 トキなど

          11月上旬~ こうとくなど

      11月中旬~しらかみ、いわせっ娘など

      11月下旬~12月上旬 はるか、ふじなど

 

生育状況によって、摘み取り内容や期間が変更となる場合があります。

 

予約・お問い合わせ先

JRフルーツパーク仙台あらはま

TEL:022-290-0766

お問い合わせ時間10:00~17:00

 

 

 

 

 

広い芝生には子供が遊べる遊具があります。

遊び道具も無料で貸し出ししています。(総合施設棟入口ドア付近に置いてあります。)

 

 

そびえ立つシンボルタワー

 

JRフルーツパーク仙台あらはま公式キャラクター  フルパちゃん

     

 

喫煙所は総合施設棟駐車場側にあります。

 

 

広い駐車場は150台完備(大型バス4台)

 

 

避難場所もしっかり表記されています。

 

【施設情報】

JRフルーツパーク仙台あらはま

宮城県仙台市若林区荒浜新2丁目

TEL:022-390-0770

営業時間10:00~17:00

休園日:火曜日(祝日の場合翌平日)

 

 

【アクセス】

車:仙台駅から約30分/仙台東部道路 仙台東I.Cより約10分

公共交通機関:仙台市営地下鉄東西線荒井駅2番乗り場から仙台市営バス震災遺構仙台市立荒浜小学校行きに乗車(約13分)、震災遺構仙台市立荒浜小学校前のバス停で下車。バス停から徒歩約5分。

 

 

 

JRフルーツパーク仙台あらはまは、東日本大震災から10年目の2021年3月に開園しました。

広大な敷地の農園のみならず、農業の先端技術を学ぶための研修棟や、加工体験ができるあらはまキッチン、ペットや子供たちが、のびのび遊べる広々とした芝生エリアもあります。仙台でこんなに美味しいくだもの狩りができるなんて、3年前には思ってもみませんでした。

1年中、途切れることなく旬の果物が実っているこの土地は、着実に生産量も増えている果実とともに、これからもますます、人々の笑顔が絶えない場所となるでしょう。

もぎたてフルーツの美味しさと、のんびりとした荒浜地区を感じたくだもの狩り体験でした。

皆さんも実りの秋に、ご自分で収穫した美味しいフルーツを召し上がってみてくださいね♪

 

 

 

この記事のライター

 

ニックネーム/かなこ

塩釜市出身、仙台市在住 

元ツアープランナー 国内旅行業務取扱管理者

好きなもの/花、植物、酒、トロンボーン、すずめ踊り、スポーツ観戦

旅行好きの両親のもとに生まれ、旅行好きに育ちました。推しのツーリズムはコミュニティツーリズムと グリーンツーリズムです。 

 

 

 

 

 

 

アクセス数
3646
  • 公式情報提供者
  • 情報提供者:宮城県観光連盟
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube

PAGE TOP

運営者 公益社団法人 宮城県観光連盟