• 文字サイズ
  • 拡大
  • 標準

宮城まるごと探訪

宮城の魅力がギッシリ!宮城の総合観光情報サイト

日本三景松島の景色を空から!海から!陸から!お届けします ~お気に入りの松島を探しに~

最終更新日:2023/11/01

季節
1月/2月/3月/4月/5月/6月/7月/8月/9月/10月/11月/12月
市町村
仙台・松島エリア-松島町
目的
自然-海、島/レジャースポット-見学スポット/食・土産-郷土・名物料理

 

皆様ごきげんよう。地元WEBライターのかなこです。今回は、日本三景松島を気球に乗って、船に乗って、歩いて、様々な場所から眺めてまいりました。時系列でお伝え致します。

 

松島とはと聞かれたならば、「松島や、ああ松島や、松島や」と言わずにはいられません。

松島は言わずもがな日本三景の一つで、260余島からなる海が絶景の景勝地です。

日本で初めて世界で最も美しい湾クラブに加盟された湾でもあります。フランスのモンサンミッシェル湾、ベトナムのハロン湾、アメリカのサンフランシスコ湾とも肩を並べているわけですから拍手ものですよね。

そんな松島を様々な視点から、色々な角度から見てみたいと思い立ち、行ってまいりましたので、ご紹介致します。

 

まずは、早朝、気球の上から。

 

 

早朝5時30分。早起きをして、熱気球体験場へ向かいました。気球搭乗は受付順となります。

 

 

搭乗前の熱気球準備体験に参加しました。スタッフさんが熱気球の仕組みについて説明してくださいました。

実際に気球の表面に触れることもできますよ。

熱気球は球皮内の空気をバーナーで温めて上昇します。火柱がすごい。

ぺちゃんこだった気球がどんどん大きく膨らんでいき、自分もこの機体に乗れるのか~という期待とともに、わくわくする気持ちもどんどん大きく膨らんでいきました。

準備体験では、気球の中に入って記念撮影もできるのでおすすめです。

 

気球に搭乗してから、ゆっくり、ふわりふわりと空中へ浮き上がる感覚は、飛行機やヘリコプターとも違う体験でした。

浮遊速度は観覧車に似ているなぁと感じましたが、上半身部分は囲いがない分、観覧車とは違い開放感があります。

スマートフォンで写真を撮る際には落下防止の為に紐などのストラップがあると安心だと思いました。

松島湾の絶景を四方八方空から見下ろせて、天下を取った気持ちになります。(うそです)

天下を取った気持ちは冗談にしても、松島の景色を空から360度見渡せる体験はとても贅沢な気持ちになりました。

 

 

気球に乗った高さ約20mからの景色です。写真右側に福浦橋が見えます。

 

 

東側の景色です。写真下には生かき直売所が見えます。奥松島も見えますね。

 

 

気球から降りた後は気球を活かして色々な写真が撮れます。

1人で参加しても大丈夫。親切なスタッフさんが写真を撮るお手伝いをしてくださいます。

 

 

〖INFORMATION〗

松島熱気球体験

HP https://matsushimatrip.com/

X(旧twitter)https://twitter.com/matsushimatrip

開催実施曜日/土・日・祝日 天候により中止の場合もございます。受付時間は季節により異なります。

詳しくはX(旧twitter)をご確認ください。

体験料金 大人(中学生以上)3000円

     小人(3歳~小学生以上)2000円

     0~2歳 無料

     熱気球準備体験 別途500円

※料金は税込みです。当日現地現金払いとなります。

体験時間:5分

 

体験会場

〒981-0212
宮城県宮城郡松島町磯崎磯島
松島町磯島会場

 

 

 

続いて向かったのは、西行戻しの松公園内にある白衣観音展望台です。

 

 

この公園まではJR松島海岸駅から徒歩約20分、車で5分くらいかかります。

春は桜の名所としても知られています。

 

 

公園内にはベンチがたくさん。公園内の松島パノラマハウスにあるカフェは全面ガラス張りで眺望が良いです。

 

 

白衣観音展望台までは緩やかな坂道を50m程登れば到着します。

 

 

展望台からの眺めはこちら。時刻は朝7時。奥松島方面に雲海のような、朝霧のようなものが見えて幻想的でした。そんなに早く行くことはあまりないと思いますが、早朝散歩にもおすすめの場所です。

 

 

〖INFORMATION〗

西行戻しの松公園

住所:〒981-0213 宮城県宮城郡松島町松島犬田2

駐車場:敷地内6台

(近くにパノラマライン駐車場50台分あり)/無料

 

 

 

 

展望台からの眺めは格別でしたので次は新富山展望台へ行ってまいりました。

 

 

この上が新富山展望台なのですが、勾配がかなり急なので息切れしないようにゆっくり登りました。

決まった駐車場はありませんが、写真右側に2~3台停めるスペースはありました。

 

 

松島の島々と中心街が一望できます。時刻は11時。大きな展望台ではないのですが、見晴らしが良く、美しい景色を眺められて清々しい気持ちになりました。

 

 

平日だったせいか人が1人もいませんでした。10月下旬に訪問したのですが、まわりには青もみじが沢山あり、高台のせいかあまり色付いていませんでした。これから紅葉の見頃を迎えるので穴場スポットだと思います。

 

 

〖INFORMATION〗

新富山展望台

住所:〒981-0213 宮城県宮城郡松島町松島愛宕裏

アクセス:JR仙石線松島海岸駅より徒歩15分
JR東北本線松島駅より徒歩7分

 

 

 

新富山展望台を後にし、瑞巌寺方面へ坂を下っていくと、水主町通りにでます。

 

 

水主町通りにある宮島。波の浸食でできたくぼみと紅葉のコントラストが自然の造形美を感じさせてくれます。

 

 

お昼は2023年5月にオープンしたカフェの「リトル・リス」で頂きました。

 

 

洗練されたデザインで落ち着く空間の店内。

 

 

塩豚のシュークルート

 

コトコト煮込まれた豚肉の油の甘さと程よい塩味のバランスが良く、濃縮された旨味が感じられました。

豚肉とお野菜の優しい甘さが溶け合って、互いの美味しさを引き立てています。

ごろごろ野菜にナイフを入れるとスゥーと切れるくらい柔らかく、味が染みていて、1口頬張ると口いっぱいにお野菜の優しい甘さが広がりました。

ザワークラウトは酸味が主張しすぎず良いアクセントになっています。マスタードもたっぷり。山盛りのサラダはフレッシュそのもの。

バゲットはお隣にお店を構える「ぱんやあいざわ」のパンだそうで、表面はしっかりとした噛み応えで、中はモチモチ、お食事にぴったりのバゲットパンでした。こちらのバゲットはおかわり自由です。

 

 

お食事メニューは月替わりになっているそうです。メニューは税込み表記です。

 

 

カフェで使われていたカラトリーなどの雑貨は同じ敷地内にあるセレクトショップ「LITTLE SPARROW」で購入できます。

 

 

 

〖INFORMATION〗

―リトル・リスー

住所:宮城県宮城郡松島町松島字町内158番地
LITTLESPARROW敷地内

TEL:022-355-7805

営業時間/11:00~16:00

営業日:不定休 詳しい詳細はInstagramをご確認ください。 

Instagram https://www.instagram.com/little.ris.matsushima/

 

―LETTLE SPARROW―

住所:宮城県宮城郡松島町松島字町内158番地

TEL:022-355-7805

営業時間/11:00~16:00

定休日:月、火、隔週日曜日

Instagram https://www.instagram.com/little.sparrow.matsushima/

 

帰りに、おやつのパンと美味しかったバゲットを買いに、「ぱんやあいざわ」へ向かいましたが、時すでに遅し。売り切れでした。残念!

 

 

こちらのお店では国産小麦と自家培養の発酵種を使ったパンを作っており、カンパーニュがおすすめだそうです。人気のパン屋さんなので、午前中に売り切れてしまうことも。私のようにならないように、確実に購入したいお客様のために予約も受け付けてくれています。

なかなか松島まで足を運べないお客様のために全国発送もおこなっているそうですよ。

なんたる神対応のお店!

 

〖INFORMATION〗

住所:宮城県宮城郡松島町松島字町内157-2(旧番地156)

TEL:022-354-0233

営業時間/8:30~(売り切れ次第終了)

ご予約はお電話、InstagramDM、Facebookメッセンジャー

Instagram  https://www.instagram.com/pain.aizawa/

 

 

 

 

 

おなかも満たされパワーチャージしたところで、海から松島を見に行きます。

 

 

お世話になる船は松島島巡り観光船の仁王丸。定員400名の船です。14時出航の便に乗りました。

 

 

1階席 116席

 

 

2階グリーン席(有料600円) 106席 立ち席10席

 

 

船内には売店もあります。

 

 

船後方デッキ(1階84名分/2階94名分)

 

 

出航時、後方デッキから。海から眺める松島の街並み。右手に見えるのは福浦橋です。

 

約50分の島巡りコースですが、大小形も様々な島をたくさん見ました。その一部をご紹介します。

 

 

鐘島。この島に4つあいている穴に波が打ち寄せると、釣鐘をたたいたように聞こえるとこから鐘島と呼ばれているそうです。自然の造形美を感じますね。

 

 

仁王島。松島湾で最も有名な名勝の仁王島です。松島仁王尊に似ていることから仁王島と言う名前が付けられました。どうしてこんな形になるものか。まさに自然の芸術です。

 

 

水島。灯台や海図などがなかった時代にはこの島を目印として航行したと言われていて道島と呼ばれていました。時がたち、道島の呼び名が訛り現在の水島と呼ばれるようになりました。地層面が美しいです。

 

 

神々しい。松島の海。

 

 

〖INFORMATION〗

松島島巡り観光船

運賃:現在「おかげさまで半世紀特典」で1500円→1000円。(仁王丸コースのみ)

公式サイトからの予約でさらにも。詳しくは公式サイトをご確認ください。

船乗り場:中央観光桟橋1番乗り場 〒981-0213 宮城県宮城郡松島町松島町内98−1

乗船券販売所

・松島海岸駅前/JR仙石線松島海岸駅で降りる方、松島町営無料駐車場をご利用の方はこちらの営業所が便利です。

・松島グリーン広場/松島公園第五駐車場などを御利用の際はこちらの乗船券販売所が便利です。

・中央営業所/松島レストハウスにある大型船の乗り場に最も近い乗船券販売所になります。繁忙期などは時間帯によって大変込み合いますのでご了承ください。

・五大堂営業所/そばに大型駐車場などがございますので近くにお車を止めた方はこちらが便利です。

運行時間 9:00~16:00 毎時00分出航(乗船時間約50分)

公式サイト: https://www.matsushima.or.jp/

 

 

中央観光桟橋からの眺め。下船後こちらで記念撮影する人も。

 

 

福浦橋

 

 

五大堂。松島海岸中央広場からの眺め。

 

 

 

 

夕暮れ時、最後に向かったのは双観山展望台。

松島海岸駅からは少し離れているので車で向かいました。

 

 

双観山は松島海岸の南に突き出ている岬の小高い丘です。公園として整備されている頂上の展望台からは、塩釜湾と松島湾の双方が望めることから、双観の名前がついています。本日は16時頃の訪問でしたが、遠く牡鹿島や金華山の向こう側から昇る朝日は素晴しく、荘厳で華麗な美しさです。

 

 

松林越しに見える島々。

 

 

こちらのモミジもまだ青モミジ。紅葉も楽しみです。

 

 

展望台付近には喫茶、和定食、おそばが頂ける味処もあります。

 

 

〖INFORMATION〗

―双観山展望台―

住所:〒981-0213 宮城県宮城郡松島町松島大沢平

アクセス:JR仙石線松島海岸駅から車で5分

駐車場:30台以上

 

―味処 双観山―

住所:〒981-0213 宮城県宮城郡松島町松島大沢平16−36

営業時間 10:00~18:00

定休日 水曜日

TEL:022-354-6336

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?お気に入りの景観はありましたでしょうか?

松島にはまだまだたくさん絶景が見られるスポットが点在しています。

1日を通して見る時間も違えば、季節や天候でも見え方は違ってくるものです。

今回ご紹介させていただいた景色はほんの一部になります。

一期一会の景色を探して、あなただけの松島を見つけてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

この記事のライター

 

ニックネーム/かなこ

塩釜市出身、仙台市在住 

元ツアープランナー 国内旅行業務取扱管理者

好きなもの/花、植物、酒、トロンボーン、すずめ踊り、スポーツ観戦

旅行好きの両親のもとに生まれ、旅行好きに育ちました。推しのツーリズムはコミュニティツーリズムと グリーンツーリズムです。 

 

 

 

 

 

 

アクセス数
2877
  • 公式情報提供者
  • 情報提供者:宮城県観光連盟
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube

PAGE TOP

運営者 公益社団法人 宮城県観光連盟