• 文字サイズ
  • 拡大
  • 標準

宮城まるごと探訪

宮城の魅力がギッシリ!宮城の総合観光情報サイト

宮城のリゾート、気仙沼でまったり過ごす1泊2日の大人旅

最終更新日:2023/11/17

季節
1月/2月/3月/4月/5月/6月/7月/8月/9月/10月/11月/12月
市町村
三陸エリア-気仙沼市
目的
体験観光-食

東日本大震災で特に大きな被害を受けた、宮城県気仙沼市。

復興が進み、美しいビーチは賑わいを取り戻しています。

気仙沼の海は透明度が高く、とてもキレイですよね。

 

コスパ抜群の絶景ホテルや、かわいいドーナツが食べられるお店などをご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください!

夏だけでなく冬でも楽しめますよ♩

 

 

DAY1

12:00 和創 紺碧でランチ

 

気仙沼到着。ランチは唐桑半島にある穴場レストランで。

唐桑町は気仙沼の中でも半島の先端にあり、仙台からだと2時間ほどかかります。

でも、遠くからわざわざ足を運んで食べる食事って格別ですよね。

 

 

 

建物は民家で、入り口は横にあります。

 

 

とても広々とした店内。

 

 

紺碧ではその日の仕入れ状況でメニューが変わります。

実はマグロのレアカツが食べたかったのですが、この日は仕入れがなかったそうで、ハンバーグをいただくことにしました。

 

 

まず、写真右上の茄子の煮びたしのおいしさに感動。

野菜を美味しく食べさせてくれるお店に弱いです(笑)

 

 

 

ハンバーグに使われているお肉は短角牛という和牛の一種で、生産量が少ない希少なお肉。赤身肉が特徴で、肉の旨味が強く、更に低カロリーかつ高タンパクで、身体にいい肉です。

その短角牛のハンバーグを鉄板焼きとチーズでそれぞれいただきます。

和風バターソースは赤身のお肉によく合っていて絶品です。

あっという間に完食。

 

そしてデザートをいただきます。というのも、ここに来た一番の目的はドーナツ!

 

 

お店の入り口に並ぶかわいらしいドーナツ。

色もカラフルで素敵ですよね。

このドーナツは「Sun donut」という別の名前で販売されていて、イベントなどに出店もしているそうです。

 

 

店内でも食べられますよ♪

 

静かな自然に囲まれてゆっくり過ごすことができました。

 

 

==========INFORMATION===========

和創 紺碧(こんぺき)

住所:宮城県気仙沼市唐桑町崎浜16-1

TEL:080-9362-7739

営業時間:[土・日・祝のみ] lunch Time11:30-14:00

               cafe Time14:00-16:30

HP:https://www.instagram.com/konpeki_karakuwa

============================

 

 

 

15:00 はまなす海洋館にチェックイン

 

宿泊先は大谷海岸にある「はまなす海洋館」へ

 

 

ビーチ沿いに建つ、全室オーシャンビューのプチホテルです。

大谷海岸の海を一望でき、波の音が部屋に聞こえてくる、大人旅にぴったりの宿です。

 

 

 

ホテルには洋室と和室があり、なんと全てのお部屋がバルコニー付き!

インテリアもハイセンスで、まさに「ワンランク上」なんです。

 

 

その中でも一番広いバルコニーがついている和室は、海を独り占めできる贅沢な眺めです。(和室の種類は選べません)

 

まずは美しい海を眺めながら旅の疲れを癒します。

大谷海岸は何もさえぎるものがなく、地平線まで続く海を見ることができて良いですね。

18:00 ホテル自慢のフルコースディナーに舌鼓

 

はまなす海洋館はなんといってもお食事が美味しいです。

宮城県ミシュランガイドにも掲載されたことがあるんですよ。

 

 

 

地元気仙沼の特産であるフカヒレ、肉質が非常に優れた仙台牛などの豪華食材はもちろん、ホテルのガーデンにある畑で採れた新鮮な野菜をふんだんに使ったお料理が振る舞われます。

 

 

お刺身ひとつとっても舌でとろけるような美味しさで、一品一品味わいながらいただきます。

デザートのフカヒレが入ったシャーベットも食べていて楽しかったです。

 

お食事のあとはお部屋でのんびり。

 

波の音が気持ち良いので、テレビは付けないで過ごすと現実から離れた極上のひとときを過ごせます。

朝日を見るために、お風呂に入って早めに寝ましょう!

 

2022年には海を見渡せる天空のジャグジーがオープンしたので、そこでシャンパンを飲みながら星を眺めるのもいいですね⭐︎

 

 

DAY2

6:00 起床 部屋から海に昇る朝日を眺める

 

 

 

翌朝。太平洋側なので、海から昇る朝日が見えますよ☀

冬は寒いけど、バルコニーに出て波の音を聞きながら日が昇る時間を過ごします。

まさに非日常のひとときです。

 

8:00 栄養たっぷりの朝食

 

 

朝食も夕食と同じオーシャンビューの真っ白なレストランで、ヘルシーな和食をいただきます。

朝からお刺身が付いているのが嬉しい

 

体と心が整う、素敵なホテルでした。

 

==========INFORMATION===========

はまなす海洋館

住所:宮城県気仙沼市本吉町九多丸1

TEL:0226-44-2517

HP:【公式】はまなす海洋館 TOP (kaiyoukan.com)

============================

 

 

 

 

10:00 道の駅「大谷海岸」でお土産探し

 

チェックアウトした後は、ホテルのすぐ向かいにある道の駅「大谷海岸」へ

2021年3月にリニューアルオープンしたばかりで、新鮮な野菜やお土産が買える直売所、海が見渡せる屋上、気仙沼の海産物が食べられるレストランなどがあります。

 

 

開放的な店内は見ているだけで楽しくなります。

そして野菜が安いです!私はここに来たら必ず野菜を買っています。

 

 

お土産には気仙沼市民のソウルフード、ピーナッツクリームサンドを。

素朴ながら、何個も食べたくなってしまう味です。

種類が色々あるので食べ比べてみても良いですね。

 

 

一階のカフェテリアで買ったスイーツやドリンクを屋上で食べるのもおススメですよ。

 

==========INFORMATION===========

道の駅「大谷海岸」

住所:宮城県気仙沼市本吉町三島9番地

TEL :0226-44-3180

営業時間:産直市場/9:00-18:00

     カフェテリア/10:00-17:00

     ファストフード/9:00-16:00

HP:道の駅大谷海岸 - 目の前に大谷の海が広がる気仙沼の南の玄関口 (mitinoekiooya.jp)

============================

 

 

県内だからこそ、ゆっくり過ごせる週末。リゾート感たっぷりな気仙沼で素敵な大人旅をしてみてはいかがでしょうか。

 

 

この記事のライター

 

ニックネーム/Kana

宮城県の映えるスポット、カフェの情報を発信しています。

旅行、食べ歩きが大好きです。

 

 

 

 

 

 

アクセス数
124
  • 公式情報提供者
  • 情報提供者:宮城県観光連盟
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube

PAGE TOP

運営者 公益社団法人 宮城県観光連盟