• 文字サイズ
  • 拡大
  • 標準

宮城まるごと探訪

宮城の魅力がギッシリ!宮城の総合観光情報サイト

自然が生み出した絶景。松島で馬の背を渡る

最終更新日:2024/01/23

季節
1月/2月/3月/4月/5月/6月/7月/8月/9月/10月/11月/12月
市町村
仙台・松島エリア-松島町 利府町
目的
自然-海、島

こんにちは!宮城まるごと探訪ライターのKanaです。

 

今回は、松島に行ってきました。

日本三景松島は、観光客が各地から大勢訪れていつも賑わっていますよね。でも、まだ観光客にはあまり知られていない、絶景スポットがあるんです。

二つの場所をご紹介します!

 

 

利府の馬の背

 

まずは、表松島にある「利府の馬の背」。

名前の通り住所は利府町になります。

 

松島の中心地からは、JR仙石線「松島海岸駅」より車で約10分。

近年SNSでも取り上げられることが増え、アイドルのSnowManが来たことで地名度は上がってきていますが、まだまだ穴場と言えそうです。

 

 

カーブの多い山道を車で進んでいきます。

そうすると、突然看板が現れて、駐車場が数台分あります。

 

たくさん車がいると駐車が難しいです。山道ですので事故には十分ご注意を。

 

 

それでは車を停めて、馬の背へ向かいます。駐車場からは馬の背は全く見えないですね。

 

そもそも、馬の背とはなんでしょうか?

 

 

調べて見ると、

 

“「馬の背」は長い年月の波の浸食によって今の形となり、約250メートルほど海に突き出た姿から、天然の桟橋といわれています。先端まで渡ることのできる景勝地であり、向かいには、馬の背と合わせて親子の姿に見えることから名付けられた「子馬」も眺望できます。”

 

利府町HP 利府町オフィシャルサイト/利府町 (town.rifu.miyagi.jp)より

 

島の一部が細長く削られて、馬の背中のように見えることから名前がついたのですね。

 

 

入り口から狭い道を通ってすすみます。

しっかり舗装されているわけではないので、ウォーキングシューズが良いと思います。(私はブーツで来てしまいました!)

 

 

 

雨の後など、ぬかるんでいるときは滑りそうでした。

人とすれ違うのも譲り合いです。

 

 

すぐ横には海が見えます。

 

馬の背を渡る

 

10分もかからないくらいで道が開けて、突然目の前に馬の背が現れました。

 

 

まさに自然が作り出した天然の橋です。

あいにくの曇り空でしたが、そんな天気もあいまって荘厳な眺めでした。

 

この馬の背を渡っているところを皆写真に撮っているので、私もポーズをすることに。

 

といっても、自然の橋なのでデコボコしている上に、幅が細い箇所があります。

すぐ横は海。写真を撮るのに夢中になって落ちないように、気を付けてください。

 

 

そんな中私はバランスポーズに挑戦。(一番幅が太い場所を選びました。)

 

 

とてもお気に入りの一枚になりました^^

 

 

馬の背を渡った先にある景色とは?

 

気になるのは渡った先がどうなっているのかです。

 

 

先は小さな島になっていて、少し散策することができます。

断崖絶壁、周りは海に囲まれているので、ここでも落ちないように注意が必要です。

 

 

小さな冒険をしているような気分になってワクワクしました。

 

帰りは来た道を戻ります。

 

所要時間は30分といったところです。

雪景色、夕暮れ、朝焼けなど、時間帯や季節によって様々な美しさが楽しめるので、次は雪が降った時に行ってみたいと思いました。

 

 

Information

利府の馬の背

〒981-0101 宮城県宮城郡利府町赤沼櫃ケ沢

アクセス

<電車>JR仙石線「陸前浜田駅」より徒歩約20分

<車>JR仙石線「松島海岸駅」より車で約10分

 

 

公園の中にある絶景カフェへ

 

二箇所目は、「西行戻しの松公園」の中にあるカフェ、「ル・ロマン」。

松島の中心から離れているため、静かで、高台に立つガラス張りの店内からは松島湾を一望できます。

 

 

車でないと来られない場所なので、やはり地元の人が多いです。

週末は並んでいることが多いので、時間には余裕を持ってきましょう。

 

 

私もお気に入りで時々来るのですが、春は満開の桜、秋は紅葉、冬は雪景色とともに、移りゆく季節と松島の景色が楽しめます。

 

おススメの席はやはり窓側。

バルコニーがあり外に出ることもできるので、暖かいときは本当に気持ちがいいです。

 

 

絶品クロックムッシュ

 

ケーキもとても美味しいのですが、ここに来たら食べたいのがクロックムッシュです。

 

 

ふわふわのパンにベシャメルソースと目玉焼きがたまりません。

 

 

暖かい店内で松島の美しい景色を眺めながらの美味しいカフェタイム。

最高の癒しのひとときです。

 

 

カフェを利用しなくても楽しめる

 

カフェは2階建ての建物2階部分になっています。一階に降りてみると、そこはフリースペースになっていて、カフェを利用しない人でも中でゆっくり景色を見ることができるようになっています。

 

 

そして建物の周りは公園になっていて散歩をしたり、約250本もの桜が植えられているので春はお花見もできますよ。

 

園内にはいくつか展望スポットがあります。

 

 

公園の名前となっている「西行戻しの松」とは、鎌倉時代の歌人・西行法師が、松の大木の下で出会った童子と禅問答をし敗れたため、松島行きを諦めたという言い伝えがある場所です。

 

 

また、「白衣観音展望台」からみる景色は観光パンフレットなどで使われていて、松島らしい写真を撮ることができるスポットとなっています。

 

 

見晴らしがよく、真っ赤な福浦橋や遊覧船も見ることができますよ。

 

Information

ル・ロマン

宮城県宮城郡松島町松島字犬田10-174 西行戻しの松公園

アクセス 松島海岸駅から463m

022-354-2778

営業時間 11:00~17:00

定休日 火曜日

 

 

いかがでしたか?

今回は観光地・松島を宮城県民ならではの視点で楽しんでみました。

 

松島中心部は人が多すぎる、と思っている方には特におススメです。

ぜひ行ってみてくださいね。

 

 

 

この記事のライター

 

ニックネーム/Kana

宮城県の映えるスポット、カフェの情報を発信しています。

旅行、食べ歩きが大好きです。

 

 

 

 

 

 

アクセス数
383
  • 公式情報提供者
  • 情報提供者:宮城県観光連盟
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube

PAGE TOP

運営者 公益社団法人 宮城県観光連盟