• 文字サイズ
  • 拡大
  • 標準

宮城まるごと探訪

宮城の魅力がギッシリ!宮城の総合観光情報サイト

宮城指折りのパワースポット「塩竈神社」で静かに冬旅を楽しむ一日。

最終更新日:2024/02/01

季節
1月/2月/3月/4月/5月/6月/7月/8月/9月/10月/11月/12月
市町村
仙台・松島エリア-塩竈市
目的
歴史・文化-神社、仏閣

塩釜市にある「塩竈神社」は、宮城のみならず東北屈指の歴史と伝統を持つ神社です。

 

今回は観光スポットとしてもパワースポットとしても人気の塩竈神社を散策してみました♪

 

 

塩竈神社へは、最寄りのJR仙石線 本塩釜駅かJR東北本線 塩釜駅から徒歩でアクセスできます。

 

神社は小高い山の上にありますので、歩いていく場合は社殿のあるエリアまで上り道を上っていくことになります。写真は表坂の表参道です。

 

 

 

 

立派な杉の木がおおい茂る長い階段をのぼると、塩竈神社の社殿にたどり着きます。

 

ちなみに境内への参道はいくつかあり、登るのが大変な方はお車で第一駐車場まで行って境内に入ると良いですよ!

 

 

こちらが境内の全容になります。一般的には「塩竈神社」と呼ばれていますが、正式には「志波彦神社 鹽竈神社(しわひこじんじゃ/しおがまじんじゃ)」となっており、それぞれ別の社殿があります。

 

まずは塩竈神社から参拝します♪

 

 

 

取材に伺ったのは2024年の1月でしたが、平日の昼間にもかかわらずたくさんの参拝者がいらっしゃいました。

 

結ばれているおみくじの数がすごいです!

 

 

境内には天然記念物になっている「鹽竈桜」の木があり、4月下旬頃になるとふんわりとした丸いかたちの薄桃色の花を咲かせます♪

 

その他にも、神社の敷地内にはソメイヨシノを始め数十種類もの桜が植えられており、春にはお花見の名所にもなるとのことです。

 

冬の静かで厳かな雰囲気も好きですが、花の時期にはぐっと華やかになり別の表情を楽しめそうです!

 

 

進んでいくと微笑んでいるような可愛らしい牛さんが♪

 

「撫で牛」と呼ばれ、本来は“撫でることで牛が垂らす細く長いよだれのように商売が繁盛する”ことを祈願するものでしたが、

最近は身体の悪い所をなでて治癒を願う方が多いんだそうです。

 

良く撫でられているであろう部分はつるつるしていました!

 

 

なんだかユニークな表情の狛犬も発見!

建物の美しさ、自然の豊かさに加えて、ゆっくり散策しているとちょっと面白くなれるポイントがたくさんあり、思い出に残ります♪

 

 

さて、いよいよ塩竈神社に詣でます。

 

塩竈神社は全国でも珍しく門を入った先に2つの社殿があり、向かって右手側に主祭神である塩土老翁神が祀られています。

 

主祭神を祀る宮を「別宮」、正面にある鹿島・香取の神を祀る宮を「左右宮」と呼び、「別宮」の由来は“特別な”という意味から来ています。

 


 

1月は多くの参拝者が訪れるため、お参りの際に鳴らす鈴を増やして対応してくださっているとのことでした。

 

三が日には数万から数十万もの方が県内外から初詣のために訪れます!

 

 

御朱印やご祈祷の受け付けは入り口門の左側にあります。

 

 

お次は志波彦神社へ向かいます♪

 

こちらも立派な門構えで、中には神社と守札所があります。

 

 

こちらも鈴がたくさんついており、お正月仕様となっていました。

 

境内にはたくさんのおみくじがあって、運試ししたくなります!

 

 

 

人気の「うまくいく御守」のほか、安産祈願など女性に嬉しいお守りがそろっていますよ♪

2024年は辰年ということで、今年しか手に入らない限定のお品もありましたので、行ける方は早めに足を運んでチェックしてみてください!

 

 

その他、広い境内には一年を通して花が咲き誇り、この時は繊細な黄色のろうばいの花が咲き始めていました。

 

こういった季節の花を楽しみに訪れる方も多いんだそうです♪

 

 

さらにちょっとした軽食が楽しめるお店もあり、この時期ならではの甘酒を楽しみながら休憩できるのが旅行者に嬉しい所です!

 

 

筆者は「揚げ餅」をいただきました~♪観光地に来た感じがしていいですね♪

 

 

志波彦神社の門の外あたりから庭園を見下ろすと、その先には塩釜の町と海が見えます。

 

春から秋にかけては色とりどりの花や緑で飾られる光景が広がり、よりフォトジェニックになりますが、

春待ちの静かなこの時期こそ冷たい風や静けさに厳かなパワーを感じてより神社の良さを味わえるなと思いました。

 

 

 

最期に、境内にある「鹽竈神社博物館」も訪れました!

 

こちらでは、国指定重要文化財を含む宝物を中心に、鹽竈神社にかかわる歴史資的料を展示しています。

 

この時は1Fでは特別展が開催されており、2Fは「塩」について学ぶことが出来る展示室があり、本物の巨大な岩塩の塊が飾られているのが印象的でした!

 

小ぶりな建物ですがお子さんと一緒の時などにもぜひ入ってみていただきたいです♪

 

 

冬でも見られる「四季桜」に見送られながら、1時間余りの滞在を終えました。

 

想像以上に広くて、雅やかな雰囲気も感じることのできる塩竈神社。

参道を歩いているだけでも木々が風に揺れる音と神秘的な雰囲気が相まってすがすがしい気持ちになりました。

 

宮城に来たらぜひ一度は足を運んでいただきたいおすすめのパワースポットです!

 

 

--------------------------------------------------------------------

 

[詳細情報]

 

【志波彦神社 鹽竈神社】

 

HP:http://www.shiogamajinja.jp/index.html

所在地:〒985-8510 宮城県塩竈市一森山1-1 

電話:022-367-1611

開閉門時間:

3月~10月 午前5時~午後6時まで

11月~2月 午前5時~午後5時まで

境内の参拝は自由。

 

アクセス:

[電車をご利用の方]

JR仙石線 本塩釜駅より

表参道(表坂)の石鳥居まで徒歩約15分

東参道(裏坂)の石鳥居まで徒歩7分

社務所前まで徒歩で約15分、タクシーで5分

 

[お車をご利用の方]

三陸自動車道 

利府中ICより車で約10分

利府塩釜ICより車で約10分

仙台港北ICより車で約15分

 

[飛行機をご利用の方]

仙台国際空港より仙台空港アクセス鉄道でJR仙台駅へ

JR仙石線に乗り換えJR本塩釜駅下車

 

駐車場:境内の東側から北側にかけて参拝者専用の無料駐車場が4か所(第1・第2・第3・バス)があります。300台収容。

 

--------------------------------------------------------------------

 

 

 

 

この記事のライター

 

ニックネーム/Sayu.S

本、自然、旅が好きなWebクリエイターです。絶景を求めて世界中を旅した経験から、自分が出会った素敵な景色や町を紹介することで東北の魅力を伝えたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

アクセス数
8522
  • 公式情報提供者
  • 情報提供者:宮城県観光連盟
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube

PAGE TOP

運営者 公益社団法人 宮城県観光連盟