• 文字サイズ
  • 拡大
  • 標準

宮城まるごと探訪

宮城の魅力がギッシリ!宮城の総合観光情報サイト

「仙台農業園芸センター」で旬のお花を満喫!

最終更新日:2024/04/08

季節
3月/4月/5月
市町村
仙台・松島エリア-仙台市
目的
自然-動物、植物(花)

「仙台農業園芸センター」で旬のお花を満喫!

 

 

 

仙台市若林区にある「せんだい農業園芸センター」は、農業と園芸に触れることのできる学びと交流の拠点であるとともに、仙台市の花の名所の一つでもあります。

 

今回は取材に伺った3月上旬の梅園の様子を中心に、1年を通してせんだい農業園芸センターで楽しむことのできるお花の数々と施設のご紹介をお届けします!

 

 

インフォメーション・正面ゲートを抜けると、スタッフの方による手作りのウェルカム花壇がお迎えしてくれます♪

 

両脇の建物は季節ごとに内容の変わる「企画展示室」、また苗や鉢花、食品などが販売されている「みどりの杜ショップ hanana」があります。

 

 

園内は四季折々の花を見ることができるフラワーゾーンを中心に、ハーブガーデンや観光農園があります。

 

 

梅園は正面ゲートから右に向かったところに位置しており、約60種, 125本以上の梅を見ることができます。

 

 

様々な品種の梅が咲き始めており、色合いを楽しみながらゆったりと散策される方や、本格的なカメラを持参して熱心に写真を撮られている方もいました。

 

 

可愛らしいピンク色の梅と青空のコントラストが春らしくて素敵です♪

 

 

すべての樹々が満開になったらさぞかし華やかな光景が広がりそうですね!

 

特筆すべきは伊達政宗公が持ち帰ったとされる由緒ある梅の木、「臥龍梅」です。

 

この梅は成長すると枝や幹が曲がりくねり、地面に達するとまるで竜が地を這うような(伏臥する)姿を見せることから「臥龍梅」と呼ばれ、貴重なものとして囲いでおおわれて大切に育てられています。

 

見ごろは3月後半以降となりそうですので、訪れた際には忘れず見てみてくださいね!

 

 

梅園のお隣、正面ゲートの前に位置するのは、季節ごとに様々な種類のお花を楽しめる「沈床花壇」です。

 

この場所は花壇を地面より60~80cm低い位置に設けることで、周囲から花々を見下ろすことができるようになっています。

 

四方には小道が設けられており、全体を俯瞰して眺めたり、幾何学模様のデザインとお花のアートを楽しんでいただけます!

 

©せんだい農業園芸センター

 

冬から春に代わる時期にはパンジー・ビオラ・チューリップなど、カラフルで可愛らしいお花畑が一面に広がります!

 

©せんだい農業園芸センター

 

夏のひまわり畑も圧巻です!

フォトジェニックかつ元気の出る光景ですね♪

 

©せんだい農業園芸センター

 

また、春と秋にはバラ園も欠かせません。

せんだい農業園芸センターのバラ園には約200種、1200株のバラが咲き誇ります。

 

バラの見ごろは年に2回あり、春は5月中旬~6月、秋は9月~10月にかけて楽しむことができます。

 

 

 

正面ゲートから左側には広々とした「いこいゾーン」が設けられており、

小さなお子様も遊べるキッズガーデンや、芝生広場、また震災からの復興を祈念する広場として市民の方々と連携しながら自然の再生を目指す「再生の杜」というエリアもあります。大沼沿いに植樹された桜や四季の花々を楽しんでくださいね。

 

©せんだい農業園芸センター

 

初夏にはハーブも豊富に咲き、メルヘンな雰囲気も味わえます♪

 

 

まだあまりお花の無い時期でも華やかな気持ちになれる素敵な飾り付けが園内には施されており、スタッフの方の心遣いと遊び心を感じました。

 

こうした飾りは季節によって風鈴になるなど変化するので、このようなフォトポイントも楽しめます!

 

 

最後に「みどりの杜ショップ hanana」さんにお邪魔しました。

 

こちらではお花の種や苗などのほか、ちょっとしたお菓子なども販売されています。

 

 

旬のミモザをつかった素敵なアレンジメントがありました!

自分用のお土産にもいいですが、誰かへのプレゼントにもよいですね♪

 

©せんだい農業園芸センター

 

今回はお伺いしませんでしたが、パスタやドリンクを提供している施設があったり、

誰でも借りることのできる市民農園(2024年度は募集締め切り済み)など、

様々な楽しみ方ができ何度でも訪れたくなる素敵な施設でした!

 

お花のシーズンはこれから本格的に始まりますので、ぜひHPをチェックして遊びに行ってみてくださいね!

 

 

-----------------------------------------------------------------------------

 

詳細情報

 

HP:https://sendai-nogyo-engei-center.jp

住所:宮城県仙台市若林区荒井字切新田13-1

電話番号:022-288-0811

開園時間:午前9時~午後5時(3月~10月)

午前9時~午後4時(11月~2月)

休園日:毎週月曜日(ただし、月曜日が祝祭日の場合は翌平日休)

入場料:無料

 

アクセス:

【公共交通機関ご利用の場合】

仙台市営地下鉄東西線 荒井駅下車

(荒井駅→バスの場合)

2番のりば 震災遺構仙台市立荒浜小学校前行「農業園芸センター前」下車  (約10分)

(荒井駅→徒歩の場合)荒井駅から 約2.5㎞ (約30分)

 

駐車場:無料 (駐車場160台・貸し農園側駐車場200台)

 

-----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

 

この記事のライター

 

ニックネーム/Sayu.S

本、自然、旅が好きなWebクリエイターです。絶景を求めて世界中を旅した経験から、自分が出会った素敵な景色や町を紹介することで東北の魅力を伝えたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

アクセス数
346
  • 公式情報提供者
  • 情報提供者:宮城県観光連盟
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube

PAGE TOP

運営者 公益社団法人 宮城県観光連盟