• 文字サイズ
  • 拡大
  • 標準

宮城まるごと探訪

宮城の魅力がギッシリ!宮城の総合観光情報サイト

モデルプラン

おしかの鯨文化を学び、海ロケーション抜群のキャンプ プラン

最終更新日:2022/07/08

市町村
三陸エリア-石巻市 女川町
アクセス数
1898
季節
1月/2月/3月/4月/5月/6月/7月/8月/9月/10月/11月/12月

10:00~ 道の駅女川(女川町)

 「シーパルピア女川」「地元市場ハマテラス」「女川町まちな
か交流館」「女川町たびの情報館ぷらっと」のエリアが、2021
年春に道の駅として登録されました。
 レンガみちの周辺には、女川グルメを堪能できる飲食店や
ユニークな雑貨などを扱う店舗が立ち並びます。

マッシュパーク、スケートパーク(海岸広場)女川町

 マッシュパークは、海岸広場内にできた新スポット。ウミウシやサンゴなど海の生き物をイメージしたカラフルな遊具は、子どもたちに大人気です。
 海岸沿いに立地する開放的な屋外スケートパーク。スケートボードのほか、ローラースケートやインラインスケート、BMXも利用可能です。
※海岸広場は、「道の駅おながわ」から近く、食事や買い物の合間に立ち寄れます。

13:30~ 石ノ森萬画館(石巻市)

『仮面ライダー』や『サイボーグ009』などを生み出したマンガ家・石ノ森章太郎のマンガミュージアム。貴重な原画はもちろん、作品の世界を立体的に再現した展示やアトラクション、オリジナルアニメの上映などを通し石ノ森ワールドを満喫できます。

15:00~ ホエールタウンおしか(石巻市)

クジラの生態や捕鯨文化と歴史を楽しく学べる「おしかホエールランド」、自然環境、歴史文化、アクティビティなどの情報を発信している「牡鹿半島ビジターセンター」、牡鹿半島ならではの食事を味わえる食事処やお土産店、離島行きの船の切符売り場が軒を連ねている「観光物産交流施設Cottu(こっつ)」の3つの施設が大屋根の下に並ぶ、牡鹿半島の歴史・文化や観光情報が丸ごと収集できる観光施設です。

17:00~ おしか家族旅行村オートキャンプ場(石巻市)

牡鹿半島の南部にあり、金華山を正面に望む、素晴らしいロケーションのキャンプ施設。サニタリー棟には炊事場、温水シャワー、水洗トイレ、コインランドリーなどが配置されており、清潔で快適なキャンプ生活ができます(要予約)。

スケジュール⇒
10:00~ 道の駅おながわ、マッシュパーク、スケートパーク(女川町海岸広場)

13:30~ 石ノ森萬画館

15:00~ ホエールタウンおしか

17:00~ おしか家族旅行村オートキャンプ場
詳細情報⇒
◇各施設情報など
  • 道の駅おながわ
  • 女川町海岸広場
  • 石ノ森萬画館
  • ホエールタウンおしか
  • おしか家族旅行村オートキャンプ場
  • ◇宿泊予約はこちらから!
  • 宿・ホテル比較&検索
  • 関連情報

    • 公式情報提供者
    • 情報提供者:宮城県観光連盟
    • Facebook
    • Instagram
    • Youtube

    PAGE TOP

    運営者 公益社団法人 宮城県観光連盟