• 文字サイズ
  • 拡大
  • 標準

宮城まるごと探訪

宮城の魅力がギッシリ!宮城の総合観光情報サイト

モデルプラン

子どもから大人までわくわく!県南エリア盛りだくさん体験 プラン

最終更新日:2022/07/08

市町村
県南エリア-蔵王町 大河原町 村田町 川崎町 丸森町
アクセス数
3320
季節
1月/2月/3月/4月/5月/6月/7月/8月/9月/10月/11月/12月

<一日目>
10:00~ スポーツランドSUGO(村田町)

東北のモータースポーツの拠点・スポーツランドSUGO。国際レースが開催される場所で、自動車の運転が出来る方なら本格的なカート走行が体験できるレンタルカートがあります。また、お子さまが体いっぱい動かせるキッズパークもあり、小さなお子さまから大人まで楽しく過ごせるスポットです。

11:30~ とんとんの丘もちぶた館(大河原町)
 
直営農場で育てた「和豚もちぶた」を堪能でき、手ぶらでバーベキューや、定食などをいただくことができます。また、加工品も販売しているのでお買い物もできます。
施設内では、動物と触れ合えるエリアや展望台、滑り台などがあり、お子さまも楽しく過ごせます。

13:00~ 阿武隈ライン舟下り(丸森町・角田市・岩沼市)

楽しく遊んで、美味しいご飯を食べたあとは、阿武隈川をゆっくり眺めてリラックスするのはいかがでしょうか。
青々とした木々と水面に映るキラキラとした太陽の光が美しく感じられます。

16:30~ 不動尊公園キャンプ場 宿泊(丸森町)

コテージや貸出キャンプがありお好みの宿泊スタイルが選べます。夏は川遊び、秋は紅葉など四季を感じながらゆったり過ごすことができるキャンプ場です。

<二日目>
9:30~ 御釜、駒草平(蔵王町・川崎町)

御釜は、蔵王刈田岳・熊野岳・五色岳の3峰に抱かれた円型の火口湖。湖面のエメラルドグリーンの水の輝きは、荒々しい火口壁と対して神秘的な雰囲気を感じます。
駒草平は、蔵王を代表する高山植物コマクサが群生することから名前がつきました。展望台から不帰(かえらず)の滝や、太平洋まで遠望できます。

11:30~ 蔵王酪農センター(蔵王町)

雄大な蔵王連峰をバックに牛や羊、ヤギを見ることができる牧場やチーズ作りなどができる体験館があります。また、蔵王チーズをつかった料理をいただける飲食店がありランチにもおすすめです。お土産には蔵王チーズを購入することもでき、蔵王の大自然に癒されながら、美味しく、楽しく過ごすことができます。

14:00~ 国営みちのく杜の湖畔公園(川崎町)

夏の国営みちのく杜の湖畔公園では、スイレン、ヒマワリ、サルビアなど季節のお花を愛でることができます。また、「わらすこひろば」のジャンピングドーナッツの遊具、貸し出しボートなど、子どもから大人まで思いっきり楽しめるコンテンツが盛りだくさんです。

スケジュール⇒
<一日目>
10:00~ スポーツランドSUGO

11:30~ とんとんの丘もちぶた館

13:00~ 阿武隈ライン舟下り

16:30~ 不動尊公園キャンプ場 宿泊

<二日目>
9:30~ 御釜、駒草平

11:30~ 蔵王酪農センター

14:00~ 国営みちのく杜の湖畔公園
詳細情報⇒
◇各施設情報など
  • スポーツランドSUGO
  • とんとんの丘もちぶた館
  • 阿武隈ライン舟下り
  • 不動尊公園キャンプ場
  • 御釜
  • 駒草平
  • 蔵王酪農センター
  • 国営公園みちのく杜の湖畔公園
  • ◇宿泊予約はこちらから!
  • 宿・ホテル比較&検索
    • 公式情報提供者
    • 情報提供者:宮城県観光連盟
    • Facebook
    • Instagram
    • Youtube

    PAGE TOP

    運営者 公益社団法人 宮城県観光連盟