• 文字サイズ
  • 拡大
  • 標準

宮城まるごと探訪

宮城の魅力がギッシリ!宮城の総合観光情報サイト

冬の味覚

最終更新日:2022/11/25

市町村
その他- 

冬ならではの美味しい味覚のご紹介です。ぷりぷりの牡蠣にジューシーないちご等、素材本来の味を堪能しましょう!


牡蠣(各エリア)

 冬のご馳走といえば、三陸の海で育った宮城の「牡蠣」。新鮮な生牡蠣にレモンやポン酢をかけたり、牡蠣鍋や牡蠣フライ、牡蠣めしにしたりなど、お店や地域ごとにさまざまな牡蠣グルメをいただけます。


ほっき(山元町・亘理町)

 冬から春にかけて獲れるほっき貝は、シコシコした歯応え、そして甘くジューシーな旨味が味わえる大きめの二枚貝です。醤油ベースの特製だれで煮詰め、その煮汁を使ってご飯を炊き込むのがポイント。


メカジキ(気仙沼市)

 気仙沼の冬にかけて水揚げされる冬メカジキは、脂がのっていて旨みがたっぷり!

 お刺身や煮つけ、メカしゃぶやメカカレー、ハーモニカなどが気仙沼市内のお店で堪能できます。


ころ柿<干し柿>(丸森町)

 耕野地区特産の蜂屋柿は、干し柿に適している品種。色鮮やかなころ柿が家々の軒下で風にゆれる光景が見られます。


いちご(各エリア)

 東北屈指の生産量を誇る亘理町・山元町をはじめ、県内では各エリアで甘くてジューシーないちごをいただくことができます。冬~春のシーズンでは、いちご狩りも行っており、お子さまから大人まで楽しく美味しくいちごを頬張ることもできます。


 

アクセス数
321
  • 公式情報提供者
  • 情報提供者:宮城県観光連盟
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube

PAGE TOP

運営者 公益社団法人 宮城県観光連盟