• 文字サイズ
  • 拡大
  • 標準

宮城まるごと探訪

宮城の魅力がギッシリ!宮城の総合観光情報サイト

伊達政宗が眺めた仙台を一望できる仙台城跡。ランチは地元食材を楽しめる中華 “松石”へ。

最終更新日:2024/01/24

季節
1月/2月/3月/4月/5月/6月/7月/8月/9月/10月/11月/12月
市町村
仙台・松島エリア-仙台市
目的
歴史・文化-名所、旧跡/レジャースポット-見学スポット/食・土産-郷土・名物料理

仙台と言えば、伊達政宗の騎馬像を思い浮かべる人も多いはず。今回は、仙台の有名なシンボル伊達政宗の騎馬像がある青葉山公園・仙台城跡エリアの散策と、周辺で地元食材を楽しむことができるおすすめ中華ランチをご紹介します。

 

■    青葉山公園エリア - 仙台城跡と伊達政宗の騎馬像

仙台市内を一望できる仙台城跡にあるのが、有名な伊達政宗の騎馬像。このエリア一帯は青葉山公園となっていて、山の上から仙台市街・太平洋の景色を楽しむことができます。ぜひ仙台訪問の際には最初に立ち寄っていただきたい場所。

 

 

 

仙台城跡までは、仙台市内からのアクセスも良く、仙台駅からは車で約10分、または観光シティループバス “るーぷる仙台”で約26分(仙台城跡下車)という立地。

 

晴れた日には遠くに太平洋を臨むことができるので、お天気の良い日を選んで行きたいお出かけスポット。観光の方もたくさん来ていて、皆さんがそれぞれ伊達政宗像や仙台市街をバックに写真撮影を楽しんでいます。やっぱりここは仙台観光の代表的スポットですね。

 

 

仙台藩初代藩主の伊達政宗が築いたのが仙台城。過去の火災で仙台城はその建物の大部分が消失してしまい、現在は仙台城跡として伊達政宗の騎馬像とともに仙台の観光スポットとなっています。今でもまるで青葉山から伊達政宗が仙台を見守っているようです。

 

 

宮城まるごと探訪でも仙台城跡(青葉城跡)の紹介記事がありますので、ぜひ仙台城跡の周辺施設についても合わせてチェックしてみてください↓

https://www.miyagi-kankou.or.jp/theme/detail.php?id=15797

 

ここは仙台観光の際には外せないスポットなので、ぜひお出かけリストの最初に加えていただけたら嬉しいです。仙台城跡から仙台市街の景色を堪能した後は、青葉山公園エリアからも行きやすく、地元食材を楽しめる絶品中華レストラン“松石”でのランチへ向かいます。

 

 

■    ランチは地産地消がこだわりの中華レストラン“松石” へ 

仙台で中華を楽しみたい時にぜひチェックしてみていただきたいのは、ここ“松石”。仙台城跡からは車で約10分なので、車でぐるっと仙台城跡の観光スポットを回ってからランチに伺うというコースもおすすめ。

 

 

山形出身のシェフは仙台で修行を開始した後、2021年3月にご自身の中華料理のお店”松石”をオープン。お店に足を踏み入れた瞬間に、笑顔いっぱいで温かいシェフの松石さんご夫婦の人柄を感じることができる素敵な場所。木の温もりのある店内もとても落ち着きます。

 

 

 

また、お店からは仙台のシンボル広瀬川の風景、また窓の外にふと目を向けると広瀬川の上を旋回する鳥の姿も見かけることもあり、仙台らしいゆったりとした時間を感じることができるのも松石のおすすめポイント。

 

 

■     “食材王国みやぎ 地産地消推進店”とは?

宮城県では、地産地消に積極的に取り組んでいる宮城県の飲食店さんや宿泊施設さんを“食材王国みやぎ 地産地消推進店”として登録しています。“地産地消”とは、“地域で生産されたものを、その地域で消費すること”を意味しますが、松石は、ここ宮城とシェフの出身地の山形の食材を積極的に使用した地産地消の中華料理をコース形式で楽しめるのが特徴で、“食材王国みやぎ 地産地消推進店”にも選ばれています。

 

“食材王国みやぎ 地産地消推進店”は、ウェブサイトでも紹介されていて、フリーワードでも飲食店や宿泊施設も検索できるので使い勝手も良いです。例えば、“中華料理“、”フランス料理“、”旅館“、”ホテル“、地域名などで検索すると、該当する地産地消推進店がすぐに見つかります。私も宮城へ旅行の際にはぜひ地元の食材を楽しめる場所に行きたいなと思うので、これからは宮城へ訪問する際にはチェックしてみたいと思います。

 

“食材王国みやぎ 地産地消推進店”はこちらから検索できます↓

https://shunsentanbou.pref.miyagi.jp/search/

 

“食材王国みやぎ【公式】”のInstagramはこちら↓

https://www.instagram.com/miyagi_foodkingdom/?utm_medium=copy_link

 

 

■     松石はその日のお客さまと一緒にコース料理を楽しむスタイル

松石ではコース形式で中華料理が楽しめるのですが、お料理のメニューは当日のお楽しみ。お席に用意されているその日のコースメニューリストを見ると、シェフ厳選の季節に合わせた旬の食材を使った中華料理のメニューが並びます。スープからデザートまで全てのお料理に宮城・山形の食材が使われていて、食材選びにもシェフのこだわりを感じます。

 

 

コースはその日のお客さまたちと一斉スタートという形式。お料理が提供されると、まずシェフが皆さんに向けてそのお料理についての紹介・食べ方を説明してくださるので、まるで中華料理の展覧会に参加しているような気分になります。一品が終わるごとに、シェフが次の全員分のお料理を準備して、次のお料理をまた皆さんといただく。そんな流れが松石でのお料理の楽しみ方です。

 

 

 

運ばれてくるお料理はどれも繊細でアートのように美しく、同じ時間を共有するお客さまたちと一緒に、ゆっくりとお食事を楽しむスタイルも良いですよね。

 

この日のコース料理からメニューの一部をご紹介↓

 

・宮城の真蛸ともって菊を使った前菜

とても柔らかい真蛸と、お野菜と菊の色合いも美しく、器と合わせて目でも楽しめる前菜。

 

 

・宮城のボッケと山形のたもぎだけを使った春巻き

そのまま・またはお塩をつけていただくのですが、素材の味が口いっぱいに広がります。

 

 

・宮城の柚子が中に隠れた小籠包

小籠包をお箸で割ると、柚子の香りがふわっと広がり、熱々のスープを小皿からそのままいただきます。

 

 

・宮城のヒラメを使ったチリソースのお料理

ソースはケチャップを使わずに、ヒラメの味をより楽しめるようにトマトを煮込んで作られているそう。素材の味を大切に作られているという点もシェフのこだわり。

 

 

 

・庄内柿を使ったマーラーカオと焼き菓子。シェフが選んだその日の中国茶とともに。

シェフのご出身地である山形県が名産の庄内柿。シェフがご家族から頂いた庄内柿をご自身で干し柿にして、マーラーカオにしたそう。地域の食材の活用の仕方がさすがだなぁと思った一品。

 

 

松石では、定期的に旬に合わせてコースが変わるそうなので、また私も仙台に立ち寄る際にはその時の旬な地元食材を楽しみにお伺いしたいなと思います。

 

今回ご紹介した仙台の定番観光スポットの仙台城跡・伊達政宗の騎馬像と周辺のおすすめレストラン“松石”を回るコースは、仙台に初めて行く方や仙台が初めてという方をご案内する方にもとてもおすすめなので、ぜひ多くの方のご参考になれば嬉しいです。

 

 

【松石】

住所:〒982-0841 宮城県仙台市太白区向山2丁目2−1 エスパシオ向山 101

駐車場:お店の前に1台分の駐車スペース有り。予約は先着順のため、ウェブサイトからの予約時にご確認ください。

H P:https://matsuishi-sendai.jimdosite.com

Instagram: https://www.instagram.com/matsuishi.sendai/

 

 

 

この記事のライター

 

ニックネーム/Yuka

旅と写真で非日常を写し出す。カメラと国内外の街歩きを通して、心豊かな旅とライフスタイルを発信するトラベルフォトグラファー。宮城県仙台市出身。現在は県外在住で、県外からでも訪れたい上質で美しい宮城の魅力をお伝えしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

アクセス数
669
  • 公式情報提供者
  • 情報提供者:宮城県観光連盟
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube

PAGE TOP

運営者 公益社団法人 宮城県観光連盟