• 文字サイズ
  • 拡大
  • 標準

宮城まるごと探訪

宮城の魅力がギッシリ!宮城の総合観光情報サイト

モデルプラン

お花鑑賞・砂金取り体験と三陸の春を感じるプラン

最終更新日:2023/03/30

市町村
三陸エリア-気仙沼市 南三陸町
県北エリア-加美町 涌谷町 登米市 大崎市
アクセス数
3815
季節
4月/5月/6月

<一日目>
10:00~ やくらいガーデン(加美町)

やくらい高原にある15万㎡の敷地で、栽培植物400種類からなる広大なフラワーガーデン。ローズ、ハーブなど8つのテーマガーデンで構成され、「ふるるの丘」は丘一面が季節の花で染まり眺めが美しいガーデンです。季節ごとにイベントが開催されたり、期間限定フェアが行われます。また、ガーデン入口にあるハーブショップ、カフェも人気です。

12:00~ 道の駅おおさき 昼食・買物(大崎市)

宮城県で15番目の道の駅として国道108号線にオープン。世界農業遺産に認定された「大崎耕土」で育った農畜産物や加工品の販売のほか、コミュニティカフェではそれらの食材を使ったメニューが味わえる。市街地等の店舗で利用できるクーポンカード「まちナビカード」も用意。

13:30~ 日本初の産金地「黄金山神社」参拝と砂金とり体験(涌谷町)

黄金に輝く金の鳥居をくぐり抜け、日本初の産金の事績を今に伝えるパワースポット「黄金山神社」を参拝します。黄金山神社の社殿の周りを取り囲むように並ぶ杉の巨木が醸し出す静ひつな空間が、749年(天平21年)から続く産金のロマンを感じさせます。その後、隣接する博物館施設「天平ろまん館」で、産金の歴史を学び、子どもから大人まで砂金とり体験で楽しく運試しに挑戦できます。

15:00~ みやぎの明治村(登米市)

登米市には、明治時代に建築された学校、県庁、警察署などの洋風・擬洋風の建物が残っていて「みやぎの明治村」と称され大切にされています。

~~ 南三陸町内 宿泊 ~~

一日の楽しい旅を思いだしながら、美味しい夕食をいただいて、ぐっすり休みましょう。明日はどんな一日になるのでしょうか.*.

<二日目>
10:00~ 道の駅さんさん南三陸(さんさん商店街、311メモリアル館)南三陸町

県内で18番目の道の駅となる「さんさん南三陸」が2022年10月1日にグランドオープン。先行して営業を行う“南三陸さんさん商店街”が産直機能を担い、新たに整備された敷地内には、防災・減災の学びと、感謝を伝える「南三陸311メモリアル」や観光案内所を併設した「南三陸ポータルセンター」、そして、高速バスやBRT志津川駅の発着場となる交通ターミナルを設置しています。

13:00~ 気仙沼市内観光

「海の市」ではシャークミュージアムや氷の水族館があり、海産物の物産販売も行っています。また、海の幸をいただけるお食事処もあり、ランチの時間になると気仙沼の美味を求め多くの方が訪れます。
「ないわんは」、商業施設「迎(ムカエル)」、「結(ユワエル)」、「拓(ヒラケル)」、まちづくりの拠点施設「創(ウマレル)」の4つの施設からできており、カフェや、レストラン、鮮魚店、サメ革グッズ専門店などのお店があります。
ゆったりと海を眺めながら買い物やカフェを楽しめる場所です

スケジュール⇒
<一日目>
10:00~ やくらいガーデン(加美町)

12:00~ 道の駅おおさき 昼食・買物

13:30~ 日本初の産金地「黄金山神社」参拝と砂金とり体験(涌谷町)

15:00~ みやぎの明治村(登米市)

~~ 南三陸町内 宿泊 ~~

<二日目>
10:00~ 道の駅さんさん南三陸(さんさん商店街、311メモリアル館)南三陸町

13:00~ 気仙沼市内観光
詳細情報⇒
◇各施設情報など
  • やくらいガーデン
  • 道の駅おおさき
  • 天平ろまん館
  • 黄金山神社
  • 日本遺産「みちのくGOLD浪漫」
  • みやぎの明治村
  • 道の駅さんさん南三陸
  • ないわん
  • 海の市
  • ◇宿泊予約はこちらから!
  • 宿・ホテル比較&検索
    • 公式情報提供者
    • 情報提供者:宮城県観光連盟
    • Facebook
    • Instagram
    • Youtube

    PAGE TOP

    運営者 公益社団法人 宮城県観光連盟